特定非営利活動法人 e-dream-s

カンボジア教育支援事業

特定非営利活動法人 e-dream-s
e-dream-s(イー・ドリームズ)は、「教育」「国際」「コミュニケーション」を通じて世界に貢献することを目的に設立したNPO(特定非営利活動法人)です。

Hor Nam Hong Prey Nhea High School 教科書贈呈式

2013年10月

Hor Nam Hong Prey Nhea High School はPhnom Penhから1時間半のところにあり、教科書支援のきっかけとなったBatheauy High SchoolのCheu校長先生の教え子が校長をされています。

集まってくれた生徒たち

贈呈式では校長先生がクメール語で話された後、代表として参加した山田理事は英語で話しましたが、校長先生の話以上に真剣に聞く様子で、英語への関心の高さを伺わせました。

生徒代表からの感謝のスピーチ

Hor Nam Hong Prey Nhea High Schoolの先生方

小さな職員室で先生方と話をし、教科書を保管することになる図書館をみせていただきました。棚にはまばらしか本がなく私たちが贈呈した約1,000冊の教科書で埋まるのではないかとと思われるほどの小さな図書館でした。

カンボジアの生徒は日本では考えられないほど英語を話すことに躊躇がなく、今回の贈呈式後も挨拶をしてくれた女生徒が級友たちと「一緒に写真を撮って下さい」とやってきました。中には「エンジニアになりたいけれど、貧しい家庭なので、奨学金をもらって大学に行き、日本や米国に留学したいんです。どのような制度があるか、教えて下さい」と言う男子生徒もいました。 

Hor Nam Hong Prey Nhea High School 再訪

2014年2月

e-dream-s顧問の挨拶

生徒代表からの感謝のスピーチ

私たちのあいさつのあと、生徒の代表が英語でお礼のことばを述べてくれました。その後には、たくさんの生徒が自ら進んで前に出て、英語で私たちに質問しました。生徒たちは積極的に習った英語を遣い、そのことを楽しんでいる様子でした

英語の授業

Saem先生の英語の授業を見学しました。12年生で20人足らずの生徒がいました。単語の意味の確認をした後は、全て英語で教科書を教えていました。生徒たちはおとなしく真面目で、宿題や予習もよくできているようでした。
私たちが寄贈した英語の教科書はカラー印刷で、紙は白くて文字が読みやすいようです。

低学年の生徒たち

この学校には小学校も併設されており、子どもたちが走り回ったり、高校生のお兄さん、お姉さんと一緒に列の前に並んだり、ほほえましい様子が見られました。